軟骨に悩みがある人はサプリメントだけでなく運動も大切

年をとると、関節の軟骨が少なりますが、そのせいで、関節の骨がこすれたり、ぶつかる時の衝撃を痛みとして感じやすくなります。サプリメントで軟骨成分を補うことで、減少している軟骨を復活させる取り組みが盛んになっています。

関節痛を緩和するためのサプリメントは様々なものが売り出されていますが、いずれのメーカーでも、使用する成分は大体同じものになります。コンドロイチン、グルコサミン、ヒアルロン酸がよく見る成分であり、近年ではプロテオグリカンも利用されるようになっています。このような成分は軟骨をつくる時に必要だと言われていますが、サプリメントを使えば軟骨が増えるというわけではないようです。

ヒアルロン酸を摂取したからといって、そのヒアルロン酸が軟骨になるための成分に使われたりはしないようです。サプリメントで飲んでも体内に取り入れられない場合もあるようですが、それでも飲み続けることは体にとって有益です。グルコサミンは炎症を抑える効果がありますので、関節痛対策としては効果を発揮します。医療機関で出される薬のように即効性があるものではないですが、サプリメントの成分を摂取することで痛みが軽くなるなら、関節痛に悩まされている人からすれば朗報です。

サプリメントを補助的に摂取しながら、適度な運動をすることが、関節痛の改善には効果があると言われています。関節に荷重がかからないようにするには体重を減らすことが効果的ですし、ストレッチ的な運動も有効視されています。関節痛の原因になる軟骨不足を解消するためにサプリメントを利用しながら、運動量を増やしていくといいでしょう。

【産後の育毛剤】抜け毛対策ならコレ!授乳中でも使える女性育毛剤

動物性プラセンタと植物性プラセンタのサプリメント

アンチエイジングやダイエットだけでなく、育毛や更年期障害などにも効果の高い成分として有名なのがプラセンタです。女性が喜ぶ効果がたくさんあるプラセンタは、サプリメントとして多く売り出されており、人気のある商品です。

サプリメントは口に入れるものだけに、どのような原料が使用されているのか気になります。動物性のプラセンタか、植物性のプラセンタか、サプリメントを吟味する時にはその点を確認してみましょう。

動物性プラセンタの原料は哺乳類の胎盤であり、日本で販売されているプラセンタのサプリメントの多くには、豚の胎盤が使われています。豚は1年に2回妊娠し、一度に出産する子供の数が多いのでは、プラセンタを安定して確保できます。高級品になると馬の胎盤も使われています。馬のプラセンタには豚には含まれていないアミノ酸が含まれており、より効果が高いのが特徴です。

馬由来のプラセンタが高級な理由は、妊娠している期間が長く、一度に1頭しか出産できないので、プラセンタが少量しか得られないからです。海外には羊の胎盤を原料とするプラセンタのサプリメントがあり、豚や馬よりも安全性が高いとされていますが、日本では法律で禁じられているので、ほどんど出回っていません。

植物性プラセンタは、植物の胎座という部分から取り出すことができる成分を用います。植物性プラセンタはトウモロコシやアロエなどの胎座から抽出されています。動物よりも伝染病リスクが低いことから、植物性プラセンタは安全面で信頼できるとされていますが、期待できる効果は動物性の方が上だといいます。

【女性用育毛剤】効果的なのは絶対コレ!最新おすすめ育毛剤5選