軟骨に悩みがある人はサプリメントだけでなく運動も大切

年をとると、関節の軟骨が少なりますが、そのせいで、関節の骨がこすれたり、ぶつかる時の衝撃を痛みとして感じやすくなります。サプリメントで軟骨成分を補うことで、減少している軟骨を復活させる取り組みが盛んになっています。

関節痛を緩和するためのサプリメントは様々なものが売り出されていますが、いずれのメーカーでも、使用する成分は大体同じものになります。コンドロイチン、グルコサミン、ヒアルロン酸がよく見る成分であり、近年ではプロテオグリカンも利用されるようになっています。このような成分は軟骨をつくる時に必要だと言われていますが、サプリメントを使えば軟骨が増えるというわけではないようです。

ヒアルロン酸を摂取したからといって、そのヒアルロン酸が軟骨になるための成分に使われたりはしないようです。サプリメントで飲んでも体内に取り入れられない場合もあるようですが、それでも飲み続けることは体にとって有益です。グルコサミンは炎症を抑える効果がありますので、関節痛対策としては効果を発揮します。医療機関で出される薬のように即効性があるものではないですが、サプリメントの成分を摂取することで痛みが軽くなるなら、関節痛に悩まされている人からすれば朗報です。

サプリメントを補助的に摂取しながら、適度な運動をすることが、関節痛の改善には効果があると言われています。関節に荷重がかからないようにするには体重を減らすことが効果的ですし、ストレッチ的な運動も有効視されています。関節痛の原因になる軟骨不足を解消するためにサプリメントを利用しながら、運動量を増やしていくといいでしょう。

【産後の育毛剤】抜け毛対策ならコレ!授乳中でも使える女性育毛剤

コメントを残す