にきびができる原因と種類によって異なる治療方法

にきびの種類によって適切な治療方法を選択することで、早期に治療してきれいに治すことができます。にきびができる原因は様々ありますが、肌の乾燥や睡眠不足によって肌トラブルが起きて、にきびができてしまいます。

精神的なストレスを受けることによってできる場合もあります。精神に負荷がかかると、自律神経が正常に働かなくなることがあります。そのせいで男性ホルモンの活動が盛んになって、にきび肌になるという理由です。

また、にきびにも様々な種類があり、適した治療方法も異なります。白く吹き出物のようなにきびの場合は、中に皮脂が溜まっている状態にあり、この段階では炎症は起きていないので早めに治療すると痕に残ることはありません。自分でにきびを潰してしまうと、肌に傷ができるだけでなく、雑菌が入って炎症を起こすと痕ができてしまうので注意しましょう。

病院では専門の治療機器を使用して、にきびの中の皮脂を抜き取る治療方法があります。皮脂の分泌が進んで内容物が収まり切らなくなって毛穴から出てくると、皮膚表面の皮脂が酸化して、黒くなって見えます。にきび痕を残さずに治療するには、黒にきびの場合も、早期の対応がポイントです。

白いにきびや黒いにきびが悪化すると炎症を起こし赤く腫れてくると、多くの場合、痕が残るので病院での適切な処置を薬による治療が必要です。炎症がさらに進むと膿が溜まり、黄色から紫色のにきびになることもありますが、この状態では病院での治療が不可欠です。

妊娠中の肌荒れやにきびに効果的なスキンケアは?

コメントを残す