動物性プラセンタと植物性プラセンタのサプリメント

アンチエイジングやダイエットだけでなく、育毛や更年期障害などにも効果の高い成分として有名なのがプラセンタです。女性が喜ぶ効果がたくさんあるプラセンタは、サプリメントとして多く売り出されており、人気のある商品です。

サプリメントは口に入れるものだけに、どのような原料が使用されているのか気になります。動物性のプラセンタか、植物性のプラセンタか、サプリメントを吟味する時にはその点を確認してみましょう。

動物性プラセンタの原料は哺乳類の胎盤であり、日本で販売されているプラセンタのサプリメントの多くには、豚の胎盤が使われています。豚は1年に2回妊娠し、一度に出産する子供の数が多いのでは、プラセンタを安定して確保できます。高級品になると馬の胎盤も使われています。馬のプラセンタには豚には含まれていないアミノ酸が含まれており、より効果が高いのが特徴です。

馬由来のプラセンタが高級な理由は、妊娠している期間が長く、一度に1頭しか出産できないので、プラセンタが少量しか得られないからです。海外には羊の胎盤を原料とするプラセンタのサプリメントがあり、豚や馬よりも安全性が高いとされていますが、日本では法律で禁じられているので、ほどんど出回っていません。

植物性プラセンタは、植物の胎座という部分から取り出すことができる成分を用います。植物性プラセンタはトウモロコシやアロエなどの胎座から抽出されています。動物よりも伝染病リスクが低いことから、植物性プラセンタは安全面で信頼できるとされていますが、期待できる効果は動物性の方が上だといいます。

【女性用育毛剤】効果的なのは絶対コレ!最新おすすめ育毛剤5選

コメントを残す